体調管理も社会保険労務士の試験対策として重要な要素

社会保険労務士の資格試験は8月の第4日曜日に行われます。
考えるだけでも残暑の暑さでイラッとしそうな季節になるわけです。
その時期にラストスパートをかけて勉強をするということは、かなり体調にも気を付けていかなければいけません。
試験直前に体を壊せば、1年の苦労は全部消えていってしまうわけです。
さらには試験会場などの問題もあります。

クーラーが聞いている中で受けることになり、それも午前午後に分かれます。
午前は3時間30分という長丁場で、体も心もガタガタになりそうなうえに、お昼で外に出れば残暑にさらされるわけです。
試験中の体調も考えていかなければ、午後の試験にも支障が出てしまいます。

午後の試験は、8題出題で40か所の穴埋めになり、各設問で3問以上正解したうえで、28点以上でなければいけない足切り付きです。
読解力が試される部分が強く、試験内容に当たりはずれがあるとまで言われます。
そんな中で体調を崩してしまえば、正確な答えが導き出せなくなってしまうこともあるわけです。

体調をコントロールしていくことも、資格試験では重要なことです。
前日は焦りも出てくるものですが、ぐっすりと眠り、早めに起きることで頭の回転も発揮されやすくなるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>