社会保険労務士の練習問題で間違うことは感謝してもいいこと

社会保険労務士の資格試験対策として、基礎の力は最も必要なものになってきます。
問題を解くための実力をつけるには、正確な知識こそ武器になってくるからです。
簡単なテキストを読み進めていくことで、だんだん見えてくることが出てきます。
それは苦手とすることです。
自分はいったい何が苦手なのか、それが見えてくるわけです。
簡単なテキストがいったん終了したのなら、問題を解いてみるべきです。
現在の立ち位置がわかり、何がわかっていないのか見えてきます。
問題が具体化するのですから、対策を打てばいいだけになるわけです。

逆に言えば、この時点でわかったと思える問題は、もう手をつけなくてもいい問題ともいえるわけです。
如何に合格を目指すのかということを考えれば、得意だけを伸ばすのではなく、苦手を克服していくことが大切です。
あくまでも点数をとらなければ合格できないのですから、苦手の底上げこそ合格へ近づいていける道になるわけです。

問題を解いてみたら、簡単なテキストに戻ってみます。
わからないことは何も恥ずかしいことではありません。
試験前の実力を養っている段階であれば、間違ったことに感謝してもいいぐらいなのです。
テキストと、一回目に解いた問題は、すべてできるようになるまで繰り返していきます。
途中で問題も覚えてしまいますから、解く時間もどんどん早くなるでしょう。
これで何問題はないのです。
少なくても、その問題に関する知識は定着していき、速度も上がることによって、本番でわからない問題が出たとしても、時間の余裕も生まれてくるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>