社会保険労務士の試験の目標の設定をする

勉強ということを考えた時、長期目標と短期目標を定めていくことが大切です。
長期の目標という物は合格になってくるわけですが、短期の目標をたてていかなければ、自分の現在位置がわからなくなり、どれだけ習得しているのだろうかわからなくなってしまうからです。

まずは、短期の目標として、テキストの熟読があるわけですが、社会保険労務士の試験ではここに大きな落とし穴があります。
どうしても安く上げようと考え、古本屋で探したりもします。
インターネットの発達により、簡単に全国の古本が購入できたりもするわけです。
しかし、労務に関する法改正の速さから、去年の本は使うことができないわけです。
当然変わっていないところもあるわけですが、変わってしまったところに注釈がつくわけでもなく、現在とは違う状況のまま覚えていくことになってしまうのです。

これではせっかくの勉強が水泡と帰す可能性もあるわけです。
そこでテキストや試験問題集は、必ず最新のものを手に入れることです。
過去問に関しても、最新であれば注釈がついていますので、現状に合わせてあるといって間違いはありません。
少しでも安く早く上げようと思ってやったことが、実は遠回りになってしまう典型の例になってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>