社会保険労務士の試験の中で労務の問題は改正の速さにある

1年という時間は決して短い時間ではありません。
しかし、長いかといえば、人それぞれではありますが、そんなに余裕がある時間ではないわけです。
チャンスという物を考えれば、1年という時間で失ってしまうものはとても多く、得るものは意外と少ないものであったりするわけです。

社会保険労務士の試験を考えた場合、1年という時間はとても重要度が高くなるわけです。
理由としては、労務にかかわる法律の改正の速さです。
あまりに頻繁に改正されていくために、派遣業などでは常に差し替えられるようにバインダーで止めてあったりするわけです。
それだけ頻繁に変わるということは、今年やったことは、来年役に立つかどうかは誰にも分らず、もしかすると覚えなおさなければいけなくなるかもしれないというわけです。

ならば、1年で合格を目指すということは、何も悪いことでもなく、焦っているというわけでもないことがわかるのです。
だからといって、社会保険労務士の試験が簡単なわけではありません。
国家資格の中でも士業にかかわるもので、ここまで過酷なものもないといわれるほどのものです。
試験を見据えて対策をしていかなければ、合格どころか高い壁にはじかれてしまうのです。
社会保険労務士の勉強法(初心者でもまねできる方法)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>